Tol2 FLEX(Cre-On)条件的遺伝子発現ベクター

概要

Tol2 FLEX(Cre-On)条件的遺伝子発現ベクターはベクタービルダー社の高効率なTol2ベクターシステムとCre応答性FLEX条件的遺伝子発現システムを組み合わせています。それによってプラスミドベクターを利用した遺伝子導入法によるCre応答性FLEXスイッチの宿主細胞ゲノムへの恒久的な挿入を可能にします。FLEX(Cre-On)システムは2ペアのLoxPバリアント組み換え配列を目的遺伝子の両側に配置して、Cre非存在下の完全な発現不活性化とCre存在下での遺伝子の反転にともなう発現の活性化を実現します。

FLEX (Cre-On)スイッチは2ペアのLoxPバリアント(オリジナルのLoxPと変異が導入されたLox2272)組み換え配列から構成されています。プロモーターに対して逆向き(アンチセンス方向)にクローニングされた目的遺伝子の両側にLoxPペアとLox2272ペアの片側がひとつずつ配置されています。LoxPとLox2272はLox2272‐LoxPの順番で、アンチパラレル配向で配置されます。どちらのLoxPバリアントもCreに認識されますが、同じLoxP配列間でだけ組み換えが発生します。Cre非存在条件では目的遺伝子はプロモーターに対して逆向きなので発現されません。Cre存在条件では、まずLoxPペアもしくはLox2272ペアのどちらか一方で起こった組み換えによって遺伝子の反転が起こります。遺伝子の反転にともなって目的遺伝子の発現が活性化されます。続いて、残り一方のペアに組み換えが起こることによってLoxPペア、Lox2272ペアの片側が取り除かれます。この結果、目的遺伝子の両端にはLoxPとLox2272配列がひとつずつ残される形となり、Cre存在条件でも組み換え反応が起こることはありません。

Tol2ベクターシステムはプラスミドベクターによって目的遺伝子を宿主細胞ゲノムに恒久的に導入できる、非ウイルス性の簡便なシステムです。Tol2 FLEX(Cre-On)条件的遺伝子発現システムはE.coliプラスミドとして設計された2つのベクターから構成されます。ひとつめはヘルパープラスミドと呼ばれ、トランスポゼースを持ちます。もうひとつはトランスポゾンプラスミドと呼ばれ、2つのITR(inverted terminal repeats)のあいだに挿入予定DNA配列が組み込まれます。FLEX(Cre-On)スイッチはITRのあいだにクローニングされます。

ヘルパープラスミドとトランスポゾンプラスミドが標的細胞に同時導入されると、ヘルパープラスミドから発現したトランスポゼースはトランスポゾンプラスミド上の2つのITRを認識してITRとFLEX(Cre-On)スイッチを宿主ゲノムへ挿入します。piggyBacトランスポゾンがTTAA配列に挿入されるのに対してTol2トランスポゾンには特定の標的配列バイアスはありません。目的遺伝子の発現はCre存在下での遺伝子方向の反転によって活性化されます。

当ベクターシステムは培養組織細胞に利用することができますが、トランスジェニック動物の作製に特に適しています。当ベクターが導入されたトランスジェニック動物個体と組織特異的にCreを発現する個体を交配することで、Creとベクターの両方を受け継いだ子孫が生まれ、Creが発現かつ使用するプロモーターが活性化している細胞において目的遺伝子が特異的に発現するようになります。

Tol2はクラスIIトランスポゾンであり、カット&ペースト様式(転移後に自身のコピーを残さない)で転移します。クラスIトランスポゾンは転移のあとに自身のコピーを残す、コピー&ペースト様式をとります。Tol2トランスポゼースによってTol2が挿入された配列の両端には8bpの重複配列がつくりだされます。

 

当ベクターシステムに関する詳細な情報ついては下記の論文を参照してください

References Topic
Genome Biol. 8(Suppl 1): S7 (2007) Review of Tol2 vectors
Genetics 174: 639 (2006) Identification of minimal sequences for Tol2 transposable elements
PLoS Genetics 2: e169 (2006) Large cargo-capacity transposition with a minimal Tol2 transposon
Gene. 216:55 (1998) Characterization of LoxP mutants, including Lox2272
Nat Biotechnol. 21:562 (2003) Development of the FLEX switch system
J Neurosci. 28:7025 (2008) Application of a FLEX switch system

特徴

Tol2 FLEX(Cre-On)条件的遺伝子発現ベクターは哺乳類細胞と生体でCreを利用した条件的遺伝子発現を可能にします。初期状態では目的遺伝子が発現することはありません。しかしCreレコンビナーゼの共発現によって遺伝子方向の反転、恒久的な発現活性化が起こります。Creによる組み換え反応後、目的遺伝子の発現は使用するプロモーターの活性制御にしたがいます。

Tol2 FLEX(Cre-On)条件的遺伝子発現ベクターとヘルパープラスミドはE.coliでの高コピー数複製、広範な標的細胞へ高効率なベクター導入および高レベルの遺伝子発現を可能にします。

メリット

厳密な遺伝子発現切り替え:LoxP-Stop-LoxPを含む他の条件的遺伝子発現システムでは特定の条件下で低レベルの発現漏れが起こります。しかし当システムではCreによる組み換え反応前に目的遺伝子は逆向きに配置されているので、発現は完全に抑制されます。

安定した遺伝子活性化: Cre組み換え反応は目的遺伝子をプロモーターに対してセンス方向に反転します。遺伝子の反転後に続いて起こる組み換え反応によって、LoxPバリアントペアのそれぞれ片側が取り除かれます。結果、目的遺伝子の両端にはLoxPとLox2272がひとつずつ配置される形になり、Cre存在条件でもこれ以上の組み換え反応が起こることはありません。組み換え反応終了後は、任意のプロモーターを使用して目的遺伝子を発現します。

恒久的なベクターDNAの挿入: 従来の方法で宿主細胞へ導入されたベクターDNAはほとんどが時間経過とともに失われます。この問題は増殖速度の速い細胞では特に顕著になります。Tol2トランスポゾンプラスミドとヘルパープラスミドを使用した遺伝子導入法ならば、トランスポゾンを利用したベクターDNAの宿主ゲノムへの挿入によって恒久的な目的遺伝子の導入が可能です。

簡便さ:プラスミドベクターは従来の方法によって細胞に導入されます。パッケージング操作が必要なウイルスと比べると非常に簡便です。

大きなサイズDNAが許容可能: 当社のTol2 FLEX(Cre-On)条件的遺伝子発現ベクターは全体で~11kbのDNA配列を扱うことができます。当ベクターのバックボーン部分(トランスポゾン関連、およびCreレコンビナーゼ関連)は3.1kbほどですので、残りを任意の目的で使用することができます。

デメリット

細胞タイプが限定される:Tol2ベクターの細胞への導入効率は細胞タイプに依存します。一般的に非増殖細胞は増殖細胞よりも導入効率が悪くなり、プライマリ細胞は不死化細胞株よりも効率が悪くなります。いくつかの細胞タイプ、神経細胞や膵臓β細胞への遺伝子導入は非常に困難になります。これらの細胞タイプによる限定はTol2システムにも当てはまります。

基本コンポーネント

5' ITR: 5' inverted terminal repeat。Tol2トランスポゼースは2つのITR(5' ITR と3' ITR )を認識してITRとそのあいだのDNA配列を宿主ゲノムへ挿入する。

Promoter: 目的遺伝子を発現するプロモーター。

Lox2272: Creレコンビナーゼの組み換え配列。LoxP配列に二か所の塩基置換が導入されている。LoxP配列とは適合しない。Cre存在下ではLoxPとLox2272配列はそれぞれ適合する配列と組み換え反応が起こる。

LoxP: Creレコンビナーゼの組み換え配列。Lox2272配列とは適合しない。Cre存在下ではLoxPとLox2272配列はそれぞれ適合する配列と組み換え反応が起こる。

ORF: 発現させたい目的遺伝子。プロモーターの極性方向とは逆向きに配置されている。

Kozak: Kozak配列。真核生物での翻訳開始を促進すると考えられているためORFの開始コドンの前に配置される。プロモーターの極性方向とは逆向きに配置されている。[廣瀬3] 

SV40 late pA: SV40(Simian virus 40)のlateポリアデニレーションシグナル。目的遺伝子の転写を停止する。

3' ITR: Tol2 3' terminal repeat.

Ampicillin: アンピシリン耐性遺伝子。 E.coliへのアンピシリン耐性によるプラスミドの維持を可能にする。

pUC ori: pUC複製起点。E.coliでプラスミドを高コピーで維持する。