アデノ随伴ウイルス(AAV)パッケージング

アデノ随伴ウイルス(Adeno-associated virus :AAV) は、in vitroとin vivoの両系で遺伝子導入に使えるため、広範なアプリケーションに一般的に使用されているウイルスベクターです。 AAVは、多彩な種類の哺乳類動物由来細胞に遺伝子導入が行え、宿主生物内で病原性が低いことから、遺伝子治療用として最も有効なベクターとして期待されています。VectorBuilderは独自に開発した技術と試薬を用い、ウイルスのタイター、純度、生存率、均一性に優れたAAVパケ―ジングプロトコールを開発しました。ユーザ―満足度の高さは、VectorBuilderのグローバルユーザーの高いリピート率に現れています。
AAVベクターシステムの詳細はこちらをクリック
VectorBuilderのAAV製品を使って発表された論文をチェック
VectorBuilderのAAVパッケージングを使ったユーザーの声
AAVパッケージングのご注文方法

AAVベクターのデザイン例はここをクリック 
AAVウイルスパッケージングのサービスプロポーサル例はここをクリック 
デザインポータルからベクターデザインを行う方法は、ここをクリック
VectorBuilderへのご注文方法は、ここをクリック
AAVの種類

第二世代のAAVパッケージング* 

ssAAV (single-stranded AAV) と scAAV (self-complementary AAV)の両方に対応

セロタイプ 1, 2, 3, 4, 5, 6, 6.2, 7, 8, 9, rh10, DJ, DJ/8, PHP.eB, PHP.S, AAV2-retro, AAV2-QuadYF, AAV2.7m8。

* 注:ご希望の遺伝子をクローニングするトランスファーベクターの5’と3’の ITRシークエンスは AAV2 のITR由来のシークエンスを使っています。弊社でいうセロタイプの違いは、キャプシッドタンパク質のタイプを指しています。

価格と作業日数

VectorBuilderのAAVパッケージングサービスは、独自の技術改良によって、業界内で最も高品質で、他メーカーに比べて早い作業日数とリーズナブルな価格でご提供しています。

サイズ 推奨の使用系 タイター*と仕様 価格(税抜き) 作業日数**
パイロット 培養細胞 >1011 GC/ml, 10x 25 ul, PBS buffer 64,000円 15-25 営業日
中容量 培養細胞 >1011 GC/ml, 10x 100 ul, PBS buffer 89,000円 15-25 営業日
大容量 培養細胞 >1012 GC/ml, 10x 100 ul, PBS buffer 139,000円 15-25 営業日
超純粋パイロット 培養細胞とin vivo >1013 GC/ml, 4x 25 ul, PBS buffer 151,500円 15-25 営業日
超純粋中容量 培養細胞と in vivo >1013 GC/ml, 10x 50 ul, PBS buffer 226,500円 15-25 営業日

* ウイルスタイター保証について:VectorBuilderで受託構築したウイルスベクターからウイルスパッケージングの受注で、かつパッケージングされる5’ ITR から3’ ITRの領域の長さが4.7 kb 以下の場合、タイター保証をご提供しています。この上限サイズを超えるとウイルスは不安定となり、パッケージされたDNAフラグメントにリアレンジメントやDNA欠損などが生じることが広く知られています。上限サイズを超えた場合でもウイルスパッケージングは可能ですが、生成されたウイルス粒子は機能欠失を生じ、タイターの低下が起こることが広く知られています。できる限り高タイターでの納品を行いますが、価格表に提示されたタイター保証は適用外とさせていただくことをご了承ください。

以下の場合のタイター保証は適用外となっています。ご了承ください: 

  • ベクターにクローニングされているシークエンスがパッケージングプロセスに悪影響を及ぼすと考えられるもの。例えば、細胞毒性を持つproapoptotic遺伝子群、細胞凝集を誘引する膜タンパク質シークエンス、パッケージング細胞またはウイルスの生合成に負の影響を生じる遺伝子、反復シークエンスや高GCリッチシークエンスなど、ベクタークローニングの際にリアレンジメントや二次構造を生じる可能性の高いシークエンスを含むベクターの場合
  • ユーザー提供のウイルスベクターを使うウイルスパッケージングのご注文の場合。弊社のウイルスパッケージングプロトコールは、弊社のベクター構築用のコンポーネントやベクターバックボーンに対して最適化を行っているため、ユーザー提供のウイルスベクターからの高タイターパッケージングには不確定要素が多いため、保証には限界があります。

** 出荷までの作業日数は、ご注文いただいた受託サービスが弊社製造ラインで開始し、製造が完了し出荷されるまでの期間です。ユーザー提供のウイルスプラスミドDNAを使っての受託ウイルスパッケージングの場合、プラスミドDNAの受け入れやQCチェックにかかる日数は作業日数に含まれていません。

納品物

パイロット、中容量、大容量のAAVパッケージングをご注文の場合:

  • カスタムAAV(10本のマイクロチューブに分注)
  • 無料のコントロールウイルス* (1または2本のマイクロチューブに分注)

超純粋パイロット、超純粋中容量のAAVパッケージングをご注文の場合:

  • カスタムAAV(10本のマイクロチューブに分注)
  • ”追加”注文(オプション)された場合、超純粋コントロールウイルス(カスタムウイルスと同量を低価格でご提供。4または10本のマイクロチューブに分注)*
* コントロール用に、カスタムウイルスと同一実験系のウイルスベクターをパッケージングしたウイルスをご提供しています。トランスダクション効率を検証するためのコントロールのため、カスタムベクターデザインの実験用コントロールではないことをご了承ください。例えば、カスタムウイルスが、GOIの強制発現であれば、コントロールはEGFPを強制発現するウイルスとなっています。カスタムウイルスがGOIのshRNAを発現する場合は、コントロールはscramble shRNAを発現するウイルスとなっています。コントロールウイルスの詳細は下の表をご確認ください:
ベクターシステム コントロールベクターの名称 コントロールベクター ID カスタムウイルスのサイズ コントロールウイルスの仕様 価格 (税抜き)

AAV

遺伝子発現システム

pAAV[Exp]-CMV>EGFP:WPRE VB190926-1395dab パイロット >1011 GC/ml, 100 ul in PBS 無料
中容量 >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS 無料
大容量 >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS 無料
超純粋パイロット >1013 GC/ml, 4x 25 ul in PBS 45,000円
超純粋中容量 >1013 GC/ml, 10x 50 ul in PBS 70,000円

AAV

U6プロモーターshRNA ノックダウンシステム

pAAV[shRNA]-EGFP-U6>
Scramble_shRNA
VB180117-1020znr パイロット >1011 GC/ml, 100 ul in PBS 無料
中容量 >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS 無料
大容量 >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS 無料
超純粋パイロット >1013 GC/ml, 4x 25 ul in PBS 45,000円
超純粋中容量 >1013 GC/ml, 10x 50 ul in PBS 70,000円
AAV miR30型 shRNAノックダウンシステム pAAV[miR30]-CMV>EGFP:Scramble_miR30-shRNA:WPRE VB190813-1134mnj パイロット >1011 GC/ml, 100 ul in PBS 無料
中容量 >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS 無料
大容量 >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS 無料
超純粋パイロット >1013 GC/ml, 4x 25 ul in PBS 45,000円
超純粋中容量 >1013 GC/ml, 10x 50 ul in PBS 70,000円
AAV CRISPR system pAAV[Exp]-CMV>EGFP:WPRE VB190926-1395dab パイロット >1011 GC/ml, 100 ul in PBS 無料
中容量 >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS 無料
大容量 >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS 無料
超純粋パイロット >1013 GC/ml, 4x 25 ul in PBS 45,000円
超純粋中容量 >1013 GC/ml, 10x 50 ul in PBS 70,000円
ウイルス粒子作成、精製、タイター測定

AAVパッケージングは解析対象遺伝子(gene of interest :GOI)をもったトランスファーベクターを、弊社独自デザインのRep-capプラスミドとAAV複製を担うE4, E2A, VAをコードするヘルパープラスミドとともに、パッケージング細胞にコトランスフェクトします。短期間のインキュベーション後、細胞の上澄みよりウイルス粒子を回収し、 PEG沈殿で濃縮します。 in vivo純度の超純粋グレードの精製は、塩化セシウム密度勾配超遠心分離をかけます。AAVタイターは qPCRに基づいた手法で測定しています。

タイター測定方法についてもっと読む

品質管理

VectorBuilderで受託製造されたAAVには、タイター測定値、バクテリアや菌類の滅菌性の検査、マイコプラズマのコンタミ検査の品質テスト結果をお付けしています。

VectorBuilderに受託構築依頼されたウイルスベクターからウイルス粒子を作成する場合は、タイター保障をお付けしています。また、ベクターに蛍光タンパク質のコーディングが入っている場合は、HEK293T細胞にウイルスを感染させ、細胞が蛍光を発現していることも確認します。 さらに、超純粋レンチウイルスパッケージングの場合は、エンドトキシンアッセイの検査結果とSDS-PAGEの結果もお付けしています。

他の品質検査データが必要な場合、カスタムとしてお見積り時にご対応させていただきます。詳しくはお問い合わせください。service-jp@vectorbuilder.com

ユーザーご提供のトランスファーベクターからのウイルス粒子作成について 

ユーザーお手持ちのウイルスベクターからウイルス粒子の受託作製も受注しています。ウイルスベクターは マテリアルサブミッションガイドラインに沿って弊社にお送りください。お受け取りしたプラスミドベクターは、QCチェックとして、マキシプレップ、プラスミドの制限酵素サイトの確認と、サンガーシークエンシングでのシークエンスの確認を行います。一律12500円のQCチェック費用をお見積りに加算させていただいています。 QCチェックに合格後、ご注文のウイルスパッケージングサービスを行います。ウイルスパッケージングのお見積りの作業日数には QCチェックにかかる日数(通常5営業日)は含まれていません。あらかじめご了承ください。

ご質問


よくあるご質問は Vector FAQ からご覧になれます。弊社からご提供させていただいている受託サービスについて、もっと詳細な情報が必要な場合は、ベクタービルダー・ジャパンのサービスサポートまでお問合せください。

マイベクターをデザインする 

オンラインポータルを使って、自分でベクターデザインを行い、そのベクターの見積もりを依頼する場合。

デザインリクエストを送る 

ベクタービルダーにベクターデザインと見積もりの両方を依頼する場合。その他のカスタム受託サービスのお見積りもここからお問い合わせください。