AAVパッケージング

アデノ随伴ウイルス(Adeno-associated virus :AAV) は、in vitroとin vivoの両系で遺伝子導入に使えるため、広範なアプリケーションに一般的に使用されているウイルスベクターです。 AAVは、多彩な種類の哺乳類動物由来細胞に遺伝子導入が行え、宿主生物内で病原性が低いことから、遺伝子治療用として最も有効な手段であると期待されています。VectorBuilderは独自の技術と試料をもちい、ウイルスのタイター、純度、生存率、均一性に優れたAAVパケ―ジングプロトコールを開発いたしました。 その結果、多くのユーザーに満足していただき、AAVベクタークローニングとウイルスパッケージングの両方をリピートしてご注文をいただいています。 
AAVベクターシステムの詳細はこちらをクリック>>
VectorBuilderのAAV製品を使って発表された論文をチェック >>
AAVパッケージングを使ったユーザーの声>>
AAVパッケージングのご注文方法

AAVベクターのデザイン例をご覧いただくには、こちらをクリックしてください >>
AAVウイルスパッケージングのサービスプロポーサル例をご覧いただくには、こちらをクリックしてください >>
デザインポータルからベクターデザインを行う方法は、こちらをクリックしてください >>
VectorBuilderへのご注文方法は、こちらをクリックしてください >>
VectorBuilderが提供するAAVの種類

第二世代のAAVパッケージングを次のセロタイプに対してご用意しています* 。

ssAAV (single-stranded AAV) と scAAV (self-complementary AAV)の両方でご対応しています。

セロタイプ 1, 2, 3, 4, 5, 6, 6.2, 7, 8, 9, rh10, DJ, DJ/8, PHP.eB, PHP.S, AAV2-retro and AAV2-QuadYF.

* ご注意ください:ご希望の遺伝子をクローニングするトランスファーベクターの5’と3’の ITRシークエンスは AAV2 のITR由来のシークエンスを使っています。弊社でいうセロタイプの違いは、キャプシッドタンパク質のタイプを指しています。

価格と作業日数d

Due to our technological advantage, our AAV packaging services have the highest quality in the industry and are also faster and more affordable than those from other suppliers. Prices and turnaround time for different scales of AAV packaging are shown below:

サイズ 推奨の使用系 タイターと容量* 価格(税抜き) 作業日数**
パイロット 培養細胞 >1011 GC/ml, 10x 25 ul, PBS buffer 64,000円 15-25 日
中容量 培養細胞 >1011 GC/ml, 10x 100 ul, PBS buffer 89,000円 15-25 日
大容量 培養細胞 >1012 GC/ml, 10x 100 ul, PBS buffer 139,000円 15-25 日
超純粋パイロット 培養細胞とin vivo >1013 GC/ml, 4x 25 ul, PBS buffer 151,500円 15-25 日
超純粋中容量 培養細胞と in vivo >1013 GC/ml, 10x 50 ul, PBS buffer 226,500円 15-25 日

* Our titer guarantee only applies to vectors for which the region being packaged into virus (from 5’ ITR to 3’ ITR) is below AAV cargo limit (4.7 kb). For sizes over this range, ITRs packaged into the virus may be truncated and result in loss-of-function. Additionally, we are not able to guarantee titer for the following vectors:

  • vectors containing sequences that could adversely affect the packaging process such as toxic genes (e.g. proapoptotic genes), genes that compromise the integrity of packaging cells or virus (e.g. membrane proteins that cause cell aggregation), and sequences prone to rearrangements or secondary structures (e.g. repetitive or highly GC-rich sequences);
  • customer-supplied vectors as we have no control over their quality.

** Turnaround time is defined as the time from when an order is accepted to when it is shipped. It does not include waiting time for any materials that the customer needs to supply (e.g. viral vectors).

Deliverables

If you choose pilot, medium or large scale AAV packaging, each order includes the following deliverables:

  • Aliquots of custom AAV at selected scale
  • Free: aliquots of control virus*

If you choose ultra-purified pilot or ultra-purified medium scale AAV packaging (in vivo grade), each order includes the following deliverables:

  • Aliquots of custom AAV at selected scale
  • "Add-on"purchase (optional): aliquots of ultra-purified control virus*
* The control virus is designed to match the biological application of the custom virus and to be used for testing transduction. For example, if the custom virus overexpresses a gene, then the control virus provided will overexpress EGFP, and if the custom virus expresses an shRNA against a gene, then the control virus provided will express a scramble shRNA. Detailed information of the control virus is shown below:
Vector System Control Vector Name Control Vector ID Custom Virus Packaging Scale Corresponding Control Virus Amount Price (USD)
AAV gene expression system pAAV[Exp]-CMV>EGFP VB150925-10026 Pilot >1011 GC/ml, 100 ul in PBS Free
Medium >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS Free
Large >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS Free
Ultra-purified pilot >1013 GC/ml, 4x 25 ul in PBS TBD
Ultra-purified medium >1013 GC/ml, 10x 50 ul in PBS TBD
AAV U6-based shRNA knockdown system pAAV[shRNA]-EGFP-U6>
Scramble_shRNA
VB180117-1020znr Pilot >1011 GC/ml, 100 ul in PBS Free
Medium >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS Free
Large >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS Free
Ultra-purified pilot >1013 GC/ml, 4x 25 ul in PBS TBD0
Ultra-purified medium >1013 GC/ml, 10x 50 ul in PBS TBD
AAV miR30-based shRNA knockdown system pAAV[miR30]-CMV>EGFP:Scramble_miR30-shRNA VB180124-1104yzn Pilot >1011 GC/ml, 100 ul in PBS Free
Medium >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS Free
Large >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS Free
Ultra-purified pilot >1013 GC/ml, 4x 25 ul in PBS TBD
Ultra-purified medium >1013 GC/ml, 10x 50 ul in PBS TBD
AAV CRISPR system pAAV[Exp]-CMV>EGFP VB150925-10026 Pilot >1011 GC/ml, 100 ul in PBS Free
Medium >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS Free
Large >1011 GC/ml, 2x 100 ul in PBS Free
Ultra-purified pilot >1013 GC/ml, 4x 25 ul in PBS TBD
Ultra-purified medium >1013 GC/ml, 10x 50 ul in PBS TBD
ウイルス粒子作成、精製、タイター測定

AAVパッケージングは解析対象遺伝子(gene of interest :GOI)をもったトランスファーベクターを、弊社独自デザインのRep-capプラスミドとAAV複製を担うE4, E2A, VAをコードするヘルパープラスミドとともに、パッケージング細胞にコトランスフェクトします。短期間のインキュベーション後、細胞の上澄みよりウイルス粒子を回収し、 PEG沈殿で濃縮します。 in vivo純度の超純粋グレードの精製は、塩化セシウム密度勾配超遠心分離をかけます。AAVタイターは qPCRに基づいた手法でお測定しています。

タイター測定方法についてもっと読む>>

品質管理

VectorBuilderで受託製造されたAAVには、タイター測定値、バクテリアや菌類の滅菌性の検査、マイコプラズマのコンタミ検査の品質テスト結果をお付けしています。

VectorBuilderに受託構築依頼されたウイルスベクターからウイルス粒子を作成する場合は、タイター保障をお付けしています。また、ベクターに蛍光タンパク質のコーディングが入っている場合は、HEC293細胞にウイルスを感染させ、細胞が蛍光を発現していることも確認します。 さらに、超純粋レンチウイルスパッケージングの場合は、エンドトキシンアッセイの検査結果とSDS-PAGEの結果もお付けしています。

企業ユーザーにはさらに詳細な検査データを発行いたしますが有料となっています。詳しくはお問い合わせください。service-jp@vectorbuilder.com

ユーザーご提供のトランスファーベクターからのウイルス粒子作成について 

ユーザーがお持ちのレンチウイルスベクターからウイルス粒子の作成もいたします。 レンチウイルスベクターは マテリアルサブミッションガイドラインに沿って弊社にお送りください。マテリアルの未達によるプロジェクトの遅延やマテリアルのダメージを予防するために、ガイドラインに従ってマテリアルのご発送を行ってください。ユーザーからご送付いただいたマテリアルは、弊社でQCチェックとして、プラスミドをマキシプレップし、プラスミドの制限酵素サイトの確認と、サンガーシークエンシングでのシークエンスの確認を行うため、一律12500円のQCチェック費用を、お見積りに加算させていただいています。 QCチェックにパスしてからご注文の受託サービスに入りますので、お見積りの作業日数には QCチェックにかかる日数はふくまれていないことをあらかじめご了承ください。

ご質問


よくあるご質問は Vector FAQ からご覧になれます。弊社からご提供させていただいている受託サービスについて、もっと詳細な情報が必要な場合は、ベクタービルダー・ジャパンのサービスサポートまでお問合せください。