アデノウイルス粒子作製

マイベクターをデザインする 

オンラインポータルを使って、自分でベクターデザインを行い、そのベクターの見積もりを依頼する場合。

デザインリクエストを送る 

ベクタービルダーにベクターデザインと見積もりの両方を依頼する場合。その他のカスタム受託サービスのお見積りもここからお問い合わせください。

アデノウイルスベクターは、宿主ゲノムに組み込まれずベクターがエピソームDNAとして残るため、多種多様な哺乳類動物細胞型において、高レベルの遺伝子導入に使用されています。高い形質導入効率及び高いレベルの短期間遺伝子発現は、アデノウイルスベクターをin vivo遺伝子デリバリーに好ましい手段とし、しばしば遺伝子治療およびワクチン接種に使用されます。 VectorBuilderは独自の技術と試料をもちい、ウイルスのタイター、純度、生存率、均一性に優れたAAVパケ―ジングプロトコールを開発しました。 その結果、多くのユーザーに満足していただき、AAVベクタークローニングとウイルスパッケージングの両方をリピートしてご注文をいただいています。 
ここをクリックしてベクタービルダーのアデノウイルスベクターシステムの詳細を読む >>
ここをクリックして、ベクタービルダーのアデノウイルスを使った査読付き論文リストを見る>>
ここをクリックしてベクタービルダーのアデノウイルスのユーザーコメントを読む >>
アデノウイルス粒子作製の注文方法は?
クリックしてアデノウイルスベクターデザインの例を表示>>
クリックしてアデノウイルス粒子作製のサービスプロポーサル例を表示>>
クリックしてベクタービルダーのポータルを使ったベクターデザイン方法を見る>>
クリックし注文方法を見る>>
アデノウイルスの種類

HAd5 アデノウイルスからE1/E3を欠失させたベクターを使ってアデノウイルス粒子作製をご提供しています。

価格と作業日数 

VectorBuilderのアデノウイルスは常に技術的改良を加え、高品質のウイルスを早い納期でお届けるよう努めています。日本では他のウイルス粒子作製メーカーに比べて大変お求めやすい価格のカスタム受託ウイルス粒子です。価格と作業日数はご注文サイズと純度によります。下の表をご参考にしてください。この表以上のスケールのウイルスのお見積りは、デザインリクエストを送る、からお問い合わせください:

スケール 推奨の使用系 タイター & 容量* 価格(税抜き) 作業日数**
パイロット 培養細胞 >1010 PFU/ml, 10x 25 ul, HBSS buffer 64,000円 20-32 日
中容量 培養細胞 >1010 PFU/ml, 10x 100 ul, HBSS buffer 89,000円 20-32 日
大容量 培養細胞 >1011 PFU/ml, 10x 100 ul, HBSS buffer 139,000円 20-32 日
超純粋大容量 培養細胞とin vivo >1012 VP/ml, 10x 100 ul, GTS buffer 201,000円 22-36 日

* タイター保証に関して:アデノウイルスに正しくパッケージされるDNA長さには限度があります。ベクタービルダーでは、5’ITRから3’ITRまでの長さが38.7kbを上限としています。タイター保証は、この長さ以下でベクタービルダーで作製したアデノウイルスベクターの場合適用されます。この制限サイズを超えるとアデノウイルスは不安定となり、パッケージされたフラグメントにリアレンジメントが発生するリスクがあります。また、以下のORFを含むアデノウイルスベクターもタイター保証対象外とさせていただきます:

  •  毒性遺伝子(例:アポトーシス促進遺伝子)、パッケージング細胞またはウイルスの完全性を危険にさらす遺伝子(例:細胞凝集原因となる膜タンパク質)、再配列または二次構造を起こしやすい配列(例:反復またはGCリッチなシークエンス)のようにウイルスパッケージングプロセスに悪影響を及ぼす可能性のあるシークエンスを含むベクター);
  • カスタマーによって提供されたアデノウイルスベクターからのウイルス粒子作製。弊社では最適化が行えないため。

** 作業日数の定義:弊社の定義は、ご注文された受託サービスが弊社製造ラインで開始し、製造が完了し出荷されるまでの期間です。作業日数はユーザー提供のマテリアルが弊社に届くまでの日数は除外しています。(例:ウイルスベクター)

納品形態

パイロット、中容量、大容量のアデノウイルス粒子の納品物と納品形態:

  • カスタムアデノウイルス(選択したサイズを分注してお届け)
  • 無料提供: 弊社で選択したコントロールウイルス粒子*

超純粋大容量(in vivoグレード)のアデノウイルス粒子の納品物と納品形態:

  • カスタムアデノウイルス粒子(選択したサイズを分注してお届け)
  • "追加でご購入されたコントロールアデノウイルス粒子" (オプション): 超純粋、ベクタービルダーが選択したコントロールウイルス粒子(カスタムウイルスと同量を分注してお届け)*
*コントロールウイルスは、カスタムウイルスに機能面で適合するようにデザインされています。遺伝子導入のテストにお使いください。例えば、カスタムウイルスが遺伝子過剰発現の場合、コントロールウイルスはEGFPの過剰発現ウイルスになります。カスタムウイルスが特定の遺伝子に対するshRNAの発現であった場合、コントロールウイルスはスクランブルshRNAの発現ウイルスになります。コントロールウイルスの詳細は下の表からご確認下さい:
Vector System Control Vector Name Control Vector ID Custom Virus Packaging Scale Corresponding Control Virus Amount Price (USD)
Adenovirus gene expression system pAV[Exp]-CMV>EGFP VB150925-10024 Pilot >1010 PFU/ml, 100 ul in HBSS Free
Medium >1010 PFU/ml, 2x 100 ul in HBSS Free
Large >1010 PFU/ml, 2x 100 ul in HBSS Free
Ultra-purified large >1012 VP/ml, 10x 100 ul in GTS TBD
Adenovirus U6-based shRNA knockdown system pAV[shRNA]-EGFP-U6>
Scramble_shRNA
VB161026-1127kyf Pilot >1010 PFU/ml, 100 ul in HBSS Free
Medium >1010 PFU/ml, 2x 100 ul in HBSS Free
Large >1010 PFU/ml, 2x 100 ul in HBSS Free
Ultra-purified large >1012 VP/ml, 10x 100 ul in GTS TBD
Adenovirus miR30-based shRNA knockdown system pAV[miR30]-CMV>EGFP:Scramble_miR30-shRNA VB180124-1101mjs Pilot >1010 PFU/ml, 100 ul in HBSS Free
Medium >1010 PFU/ml, 2x 100 ul in HBSS Free
Large >1010 PFU/ml, 2x 100 ul in HBSS Free
Ultra-purified large >1012 VP/ml, 10x 100 ul in GTS TBD
Adenovirus CRISPR system pAV[Exp]-CMV>EGFP VB150925-10024 Pilot >1010 PFU/ml, 100 ul in HBSS Free
Medium >1010 PFU/ml, 2x 100 ul in HBSS Free
Large >1010 PFU/ml, 2x 100 ul in HBSS Free
Ultra-purified large >1012 VP/ml, 10x 100 ul in GTS TBD
Production, purification and titration

For our adenovirus packaging, the adenoviral vector carrying the gene of interest (GOI) is first linearized by restriction digestion with PacI. The linearized vector DNA is transfected into packaging cells expressing the adenovirus gene E1 to produce recombinant adenovirus, and adenoviral particles are released to tissue culture medium and collected from there. For ultra-purification (in vivo grade), viral particles are further purified and concentrated by cesium chloride (CsCl) gradient ultracentrifugation. We measure the titer using an immunocytochemistry-based approach to detect the adenovirus-specific hexon protein. For ultra-purified adenovirus, we measure the optical density (using OD260) of the viral particles to estimate the titer.

Read more about our titration method >>

Quality control

For each adenovirus produced by VectorBuilder, quality control includes titer measurement, sterility test for bacteria and fungi, and mycoplasma detection. If the adenoviral vector encodes a fluorescent protein, we would transduce cells with the for detection of the corresponding fluorescence. Additionally, for ultra-purified adenovirus, we routinely check virus quality by endotoxin assay.

Customer-supplied vectors

If customer-supplied adenoviral vectors are needed, please send us the vectors following the Materials Submission Guidelines. Please strictly follow our guidelines to set up shipment to avoid any delay or damage of materials. All customer-supplied materials undergo mandatory QC by VectorBuilder which may incur a 12,500JPY surcharge per material. Please note that production may not be initiated until customer-supplied materials are received and pass QC.

Questions

Please refer to our Vector FAQ for commonly asked technical questions. To get additional information on our offerings, please contact VectorBuilder service team following the contact information here.

マイベクターをデザインする 

オンラインポータルを使って、自分でベクターデザインを行い、そのベクターの見積もりを依頼する場合。

デザインリクエストを送る 

ベクタービルダーにベクターデザインと見積もりの両方を依頼する場合。その他のカスタム受託サービスのお見積りもここからお問い合わせください。