MMLVレトロウイルスベクター受託作製サービス

Molony Murine Leukemia Virus (MoMoLV or MMLV)レトロウイルスベクターは、さまざまな動物種の分裂細胞に半永久的に遺伝子導入を行える効率の良いベクターツールです。特に近年、iPS細胞に遺伝子導入を行う際のウイルスベクターツールとして再認識されています。VectorBuilderは独自に開発した技術と試薬を用い、MMLVのタイター、純度、生存率、均一性に優れたMMLVパッケージングプロトコールを開発しました。 ユーザー満足度の高さは、VectorBuilderでMMLVベクター構築とウイルスパッケージングを注文されるグローバルユーザーの高いリピート率に表れています。 
MMLVベクターシステムの詳細はここをクリック
VectorBuilderの MMLV製品を使って発表された論文をチェック
VectorBuilderのMMLV製品を使ったユーザーの声
MMLVパッケージングサービスのご注文方法

MMLVベクターのデザイン例はここをクリック
MMLVウイルスパッケージングのサービスプロポーサル例はここをクリック
デザインポータルからベクターデザインを行う方法は、ここをクリック
ベクタービルダー・ジャパンへのご注文方法はここをクリック
MMLVレトロウイルスの種類

VSV-G pseudotyped MMLVレトロウイルス

価格と作業日数

VectorBuiderのMMLVパッケージングサービスは、技術の向上を重ねた結果、高品質なウイルス粒子を競合他社に比べて早い納期で低価格にご提供することが可能になりました。

表1:カスタムウイルス仕様

サイズ 推奨の使用系 タイター*と仕様 価格(税抜き) 作業日数**
パイロット 培養細胞 >107 TU/ml, 10x25 ul, HBSS buffer

66,000円

8-16 営業日
中容量 培養細胞 >107 TU/ml, 10x100 ul, HBSS buffer 92,000円 8-16 営業日
大容量 培養細胞 >108 TU/ml, 10x100 ul, HBSS buffer 144,000円 8-16 営業日
超純粋大容量 培養細胞 in vivo >108 TU/ml, 10x100 ul, HBSS buffer 209,000円 8-16 営業日

* * ウイルスタイター保証について:VectorBuilderで受託構築したプラスミドベクターからウイルスパッケージングを引き続きご注文いただき、かつパッケージングされる5’ MoMuLV LTR から 3’ MoMuLV LTRの長さが8 kb以下の場合、タイター保証をご提供しています。

以下の場合、タイター保証は適用外となっています。

  • パッケージング上限サイズを超えた場合(5’ MoMuLV LTR から 3’ MoMuLV LTRの長さが8 kb以上):上限サイズを超えるとウイルスは不安定となり、パッケージされたDNAフラグメントにリアレンジメントやDNA欠損などが生じることが広く知られています。ウイルス粒子へのパッケージングは可能ですが、搭載した遺伝子の機能欠損やタイターの極端な低下が生じることも知られています。
  • ウイルスベクターに搭載されたORFがパッケージング過程に負の影響を及ぼす場合:細胞毒性を持つ遺伝子(例、プロアポトーシス遺伝子群)、パッケージング細胞やウイルスの生合成に影響を与える遺伝子(例、凝集性を持つ膜タンパク遺伝子)、遺伝子シークエンスが塩基配列のリアレンジメントや二次構造をとるような遺伝子(例、反復配列や高GC-richシークエンス)。
  • ユーザーご提供のプラスミドDNAを使ってウイルスパッケージングを行わせていただく場合:弊社のウイルスパッケージングプロトコールは、弊社で構築したベクターバックボーンに対して最適化されています。また、弊社にシークエンスを公開できないプラスミドDNAや、非定型のアデノウイルス機能シークエンス(例、LTRなど)からのパッケージングには不確定要素が多く、タイター保証のご提供には限界があります。

その他、お見積りの際に弊社よりご連絡させていただいたタイターリスクを、ユーザーにご同意いただき、パッケージングを受注させていただいた場合、できる限り高タイターでの納品を行いますが、生物学的に無理な場合もございます。ご了承ください。パッケージングの進捗に関しては弊社にメールにてお問い合わせください。

** 出荷までの作業日数は、ご注文いただいた受託サービスが弊社で受注され、製造が完了し出荷されるまでの期間です。ユーザーご提供のプラスミドDNAを使っての受託ウイルスパッケージングの場合、プラスミドDNAの受け入れやQCチェックにかかる日数は作業日数に含まれていません。

MMLV納品形態

パイロット、中容量、大容量のMMLVパッケージング(培養細胞用)をお選びいただいた場合、次の製品が納品されます:

  • カスタム MMLV (選択したスケールを10本のマイクロチューブに分注)
  • 既製品標準コントロールウイルス* 無料 仕様は表2をご覧ください。(1または2本のマイクロチューブに分注)*
  • 付属品: ポリブレン (5 mg/ml, 200 ul)
  • カルタヘナ法26条1項に定められた情報公開書類をメール添付にてご送付します

超純粋大容量の MMLV packaging (in vivo用)をお選びいただいた場合、次の製品が納品されます:

  • カスタムMMLV (10本のマイクロチューブに分注)
  • 既製品標準コントロールウイルス* : 超純粋グレードを同量、特価で”追加” 注文(オプション)していただけます。10本のマイクロチューブに分注)。 仕様は表2をご覧ください。
  • 付属品: ポリブレン (5 mg/ml, 200 ul)
  • カルタヘナ法26条1項に定められた情報公開書類をメール添付にてご送付します
 *  既製品標準コントロールウイルスとは:カスタムウイルスをご購入いただく場合、 弊社既製品のコントロールウイルスを無料(パイロット、中容量、大容量用)または割引特価(超純粋大容量用)でご提供しています。既製品標準コントロールウイルスは、感染効率の最適化などの目的に使用していただけるコントロールウイルスです。ご依頼いただいたカスタムベクターのカスタム空ベクターコントロールやカスタムコントロールではありません。厳密な実験用コントロールウイルスではないことをご了承ください(カスタムコントロールは別途お見積りいたします)。例えば、カスタムウイルスが目的遺伝子の強制発現系であれば、コントロールはEGFPを強制発現するウイルスです。
表2:既製品 標準コントロールウイルス仕様
ベクターシステム 既製品標準コントロールベクターの名称 コントロールウイルスベクターID ご注文いただくカスタムウイルスのサイズ

既製品標準コントロールウイルス

の仕様

価格

(税抜き)

MMLV遺伝子発現システム  pMMLV[Exp]-EGFP/Puro VB170316-1032yra パイロット >107 TU/ml, 100 ul in HBSS 無料
中容量 >107 TU/ml, 2x100 ul in HBSS 無料
大容量 >107 TU/ml, 2x100 ul in HBSS 無料
超純粋大容量 >108 TU/ml, 10x100 ul in HBSS 79,000円
ウイルス粒子作製、精製、タイター測定

ウイルスパッケージング:組み換えMMLVの産生は以下の3種プラスミドをウイルス産生細胞にトランスフェクションします。

  • トランスファーベクター:gene of interest(GOI)をクローニングしたベクター。VectorBuilderでは、カスタムベクターデザインとベクター構築をも費用別で受託しています。より安全なSIN MMLV ベクターで、heterologousプロモーター(例えば、EF1a プロモーターなど)も選択可能なベクターバックボーンもご用意しています。
  • エンベローププラスミド:弊社独自デザイン。 VSV-Gをコード
  • パッケージングプラスミド:弊社独自デザイン。Gag、Polをコード

精製

  • in vitro用ウイルスは、細胞の上澄みからウイルス粒子を回収し、遠心とフィルター処理にて、残渣を除去し、PEG沈殿で濃縮します。
  • in vivo用の超純粋グレードウイルスはウイルス粒子をショ糖クッション遠心分離にて精製を行います。

タイター測定

  • 精製したウイルスをHEK293T細胞に感染させ、MMLVゲノムをqPCRによってカウントし、機能的タイター(transduction units per ml; TU/ml)を決定します。
MMLVの品質

VectorBuilderで受託製造されたMMLVには次の品質検査を無料で実施し、ウイルス品質検査証明書(COA)をご提供します。

  • タイター値、バイオバーデンテスト結果(バクテリア、細菌)、マイコプラスマテスト結果。
  • 発現テスト:トランスファーベクターに蛍光タンパク質がクローニングされている場合は、細胞に感染させ蛍光マーカーの発現を確認します。
  • エンドトキシン値:超純粋MMLVウイルスパッケージングの場合、追加ご依頼によってエンドトキシアッセイを行い、エンドトキシン値(<XXEU/ml)をご提供します。

特別な品質検査データが必要な場合は、お見積り時にお問い合わせください。可能な場合、カスタムで品質検査を追加実行し品質検査結果をレポートいたします。service-jp@vectorbuilder.com

ユーザーご提供のトランスファーベクターからのウイルス粒子作成について

ユーザーお手持ちのMMLVウイルスベクターからMMLVウイルス粒子の受託作製も受注します。 ウイルスベクターはマテリアルサブミッションガイドライン に沿って弊社にお送りください。お受け取りしたプラスミドベクターは、QCチェックとして、マキシプレップ、プラスミドの制限酵素サイトの確認と、サンガーシークエンシングでのシークエンスの確認を行います。一律13,000円のQCチェック費用をお見積りに加算させていただいています。 QCチェックに合格後、ご注文のウイルスパッケージングサービスを行います。ウイルスパッケージングのお見積りの作業日数には QCチェックにかかる日数(通常5営業日)は含まれていません。あらかじめご了承ください。

MMLVパッケージングサービスに関するご質問やお問合せ

よくあるご質問はVector FAQ からご覧になれます。弊社からご提供させていただいている受託サービスについて、もっと詳細な情報が必要な場合は、 ベクタービルダー・ジャパンのサービスサポートまでお問合せください。