カスタムライブラリーNGS解析キャンペーン
ユーザー特典あり

既製品IVT RNAとLNP RNA

VectorBuilderは、既製品IVT mRNAとLNPカプセル化mRNAを提供しています。in vitroとin vivoで検証済みであり、LNPを用いたmRNAデリバリーシステムの効率を評価やmRNA実験のコントロールとして利用できます。カスタムIVT mRNAとLNP調製についてはVectorBuilderのIVT RNA医薬品開発をご覧ください。mRNA医薬品の製造については、CDMOサービスページをご覧ください。

特長
  • 検証済みの5’-URT, 3’-UTR、polyAテールを使用し、N1-Methylpseudouridine (m1Ψ)などの修飾ヌクレオチドの付加が可能なCap1 mRNA
  • 次世代RNA医薬品の探求のための既製品circRNAとsaRNA
  • 高レベル発現を達成するために最適化されたHiExpressTM IVT mRNA
  • mRNAの純度、機能、アイデンティティを保証する包括的で厳格な品質管理

製品情報

レポーター遺伝子circRNA
出荷形態と保存方法

mRNA製品は、1 mMのクエン酸ナトリウム緩衝液(pH 6.4)中に保存され、-80°Cで最大12ヶ月間保存することができます。LNP-IVT mRNA製品は、Tris緩衝液(pH 7.4)中に保存され、-80°Cで最大6ヶ月間保存することができます。両製品はドライアイスで出荷され、凍結融解の繰り返しは避けてください。

FAQ

mRNA capと capping methodの違いは何でしょうか?

Cap 0 は 真核生物mRNAsの 5’末端に5’-5’三リン酸結合によってN7-methylguanosine (m7G) が付加された状態(修飾)を指します。この修飾はいくつもの酵素反応を介して転写と共に行われ、核輸送や転写物の安定性、真核生物翻訳開始因子(eukaryotic translation initiation factor:eIF4E)による認識により翻訳を促進します。Cap 1はm7G cap (m7Gppp)に加えて、転写されたmRNAの最初のヌクレオチドの2’Oにメチル基を付加した修飾(m7GpppNm)を指します。哺乳類細胞ではcap1構造はmRNAが自身のものであると認識する上で重要であり、自然免疫系に標的とされないために必要です。Cap 1構造を合成mRNAに付加することにより、in vivoでの発現が増強し、免疫原性が低下することが示されています。

in vitro転写RNAへのCappingは転写と共にCapアナログを使用して行うか、転写後に酵素反応によって行うことが可能です。弊社のCapping方法の効率はLC-MSを用いて十分に検証されています。

なぜ修飾ヌクレオチドの取り込みを検討するのでしょうか?またどの修飾を使うとよいでしょうか?

細胞は細胞質とエンドソームにRNAレセプターを持っているため、外来のRNAがレセプターによって認識されると免疫反応が活性化します。修飾ヌクレオチドは内在性RNAに共通して検出される構造です。特定の修飾ヌクレオチドを合成mRNAに取り込ませることにより、免疫原性をさせ、2次構造が変化し、またシークエンス依存的に翻訳効率と半減期を増加させることが可能です。当社では、使用例の多いN1-メチルシュードウリジン(N1-Methylpseudouridine :m1Ψ)を提供しています。 N1-メチルシュードウリジン (m1Ψ) はtRNAで初めて同定された自然界に存在するヌクレオチドで、mRNAにおける有効利用は最近になって知られるようになりました。このメチル化ウリジンは  mRNA IVTと翻訳において従来のワトソン-クリック塩基対を変えることなく、ウリジンの代わりに取り込ませることができます。この修飾ヌクレオチドを利用する一番のメリットはmRNA治療においてRNAレセプターによる認識を防ぎ、不必要な免疫反応を抑制し、転写物の安定性と翻訳を増強できることです。