品質/安定性検査開発

遺伝子治療薬の製造では、厳密な品質管理が常に課題となっています。その理由は大きく分けて2つあります。まず第一に、遺伝子治療に使われるベクターは、構造的及び機能的に、小さな化学薬品やタンパク質ベースの生物製剤に比べてはるかに複雑です。そのため、薬物の完全性や純度に品質を定義する際に複雑さと困難さをもたらします。第二に、遺伝子治療ベクターの製造は、ウイルス産生細胞の破片や構造タンパク質さらに外来の感染因子まで、多くの生物学的不純物がコンタミするリスクのある複雑なバイオプロセスが含まれています。これらの不純物の特定には多用で洗練された方法が必要です。これらの理由により、遺伝子治療薬の有効性と安全性を確保するには、幅広い品質管理アッセイ系が必要です。製造プロセス開発と並行してVectorBuilderは、個々の遺伝子治療ベクターに合わせたインプロセス(in-process)およびリリース(release) QCアッセイの開発、最適化、条件付け、検証にわたる、幅広い品質分析開発サービスをご提供します。また、様々な保管および輸送条件下でのベクターの有効期間の確認を行う薬物安定性試験サービスもご提供します。

品質/安定性検査開発では次のサービスをご提供しています:

QCアッセイ
  • 一般/物理的特性

    外観、濃度、pH、抽出量、浸透圧、凝集度

  • アイデンティティー

    制限酵素処理、サンガーシークエンス、アガロースゲル電気泳動、SDS-PAGE、イムノアッセイ

  • 効力/強さ

    • 物理的タイター: qPCR、ddPCR、イムノアッセイ、OD260/280
    • 感染タイター: プラークアッセイ、TCID50
    • トランスジーンの発現: トランスダクションテスト、ウエスタンブロット、RT-qPCR
  • 純度

    • 製造物関連の検査
      • フル(Full)/空(empty) ウイルス粒子比率: TEM
      • スーパーコイルプラスミド比率: アガロースゲル電気泳動、キャピラリー電気泳動
    • ウイルス産生用ホスト細胞関連の検査
      • ホスト細胞タンパク質: イムノアッセイ、SDS-PAGE、銀染色、BCA、HPLC
      • ホスト細胞DNA: qPCR
      • ホスト細胞RNA: アガロースゲル電気泳動、 RT-qPCR
    • 製造プロセス関連の検査
      • プラスミドDNA残渣: qPCR
      • 残留ベンゾナーゼ: イムノアッセイ
      • 残留BSA: イムノアッセイ
      • 残留PEI: イムノアッセイ
      • 残留抗生物質: 比濁アッセイ、イムノアッセイ
  • セイフティー

    • 滅菌性: 直接接種
    • エンドトキシン: LAL アッセイ
    • マイコプラズマ: qPCR、直接接種
    • 複製能力を持つウイルス: qPCR、イムノアッセイ、サザンブロット 
    • 外来性ウイルス: qPCR
    • ウイルス由来オンコジェンの混入、例えば E1A や SV40: qPCR
安定性検査

薬物安定性試験は、DS/DP の品質が保存期間中に維持されることを保証するために不可欠です。VectorBuilderの安定性研究はICH ガイドラインに従っておこなわれ、遺伝子治療ベクターの効力と安全性が、計画された保管条件下または強制分解条件下で環境要因 (例: pH、温度変化、光など)によってどのような影響を受けるかを評価します。