プラスミドDNA精製 (エンドトキシンフリーまたは生物由来成分除去グレード)

高品質のプラスミドDNAはクローニング、トランスフェクション/トランスフォーメーション、ウイルスパッケージング、プロテイン合成、サザンブロッティングなど、様々な分子生物学的手法に不可欠です。VectorBuilderのプラスミドDNA精製サービスは、高品質のプラスミドDNAをご希望量で、迅速に省コストでお届けします。VectorBuilderのロバストな製造と厳しい品質管理により、弊社でご提供するプラスミドDNAはあらゆるダウンストリームの実験デザインへのご使用にご満足いただける製品です。
プラスミドDNA精製サービスを注文するには

VectorBuilderのポータルを使ってベクターをデザインする方法
ご注文方法はこちらをご覧ください
価格と作業日数
サイズ 使用実験系 納品形態 価格 (税抜き) 作業日数*

ミニプレップ

(Mini-prep)

分子生物学用 DNA (>200 ng/ul, 50 ul, 1x TE buffer)

8,500円**

(ベクター構築と同時注文で同時納品の場合は3000円引きの5,500円でご提供)

3-5 営業日

ミディプレップ

(Midi-prep)

分子生物学用、培養細胞用 DNA (>1 ug/ul, 100 ul, 1x TE buffer, エンドトキシンフリー、滅菌

12,000円**

(ベクター構築と同時注文、同時納品の場合は3000円引きの9,000円でご提供

4-6 営業日

マキシプレップ

(Maxi-prep)

分子生物学用、培養細胞用 DNA (>1 ug/ul, 300 ul, 1x TE buffer, エンドトキシンフリー、滅菌)

17,500円**

(ベクター構築と同時注文で同時納品の場合は3000円引きの14,500円でご提供)

4-6 営業日

メガプレップ

(Mega-prep)

弊社でカスタム構築したベクターより精製

分子生物学用、培養細胞用 DNA (>1 ug/ul, 1 ml, 1x TE buffer, エンドトキシンフリー、滅菌)

29,000円

お見積り

4-7 営業日

メガプレップ     ユーザー手持ちベクターより精製  (QC費用が加算されます )

お見積り

4-7 営業日

ギガプレップ

(Giga-prep)

弊社でカスタム構築したベクターより精製

分子生物学用、培養細胞用 DNA (>1 ug/ul, 10 ml, 1x TE buffer, エンドトキシンフリー、滅菌)

 102,000円

お見積り

6-8 営業日 

ギガプレップ   ユーザー手持ちベクターより精製 (QC 費用が加算されます)

お見積り

6-8 営業日 

* 作業日数は、受託プロジェクトが弊社で開始し、出荷までにかかる日数を指します。ユーザー提供のマテリアルや試薬の待ち時間、そしてユーザーご提供マテリアルのQCチェックにかかる日数は含んでいません。

** ミニ、ミディまたはマキシプレップをベクター構築と同時にご注文される場合は、関連サービス割引として3,000円お安くご提供します。(お問合せください)

同一プラスミドを同じプレップスケールで複数ご注文の場合はお問い合わせください。バルク割引にてお見積りさせていただきます。

生物由来成分のコンタミネーションのないプラスミドDNA精製サービス(=動物由来成分を除去)

2020年4月よりの新サービス:生物由来成分のコンタミネーションのないプラスミドDNA精製サービスの受託を開始しました。プラスミドの大腸菌培養とプラスミド精製の過程で生物由来成分を全く使わない方法を採用しています。このサービスで精製されたプラスミドは、ウシ海綿状脳症(bovine spongiform encephalopathy :BSE) を含む 伝染性海綿状脳症(spongiform encephalopathies :TSE)の危険性がありません。 例えば、大腸菌の培養液の組成には本来伝統的にウシ由来のトリプトンが使われてきましたが、植物由来のトリプトンを使った大腸菌培養液を独自に開発しました。DNA精製過程も、 RNaseを使わない非酵素反応で行われています。トレーニングされた技術員によって、専用ラボでプラスミドDNA精製の作業が行われています。 この製品には、原材料由来証明書、 TSE/BSE の無コンタミネーションを証明する品質証明書を発行いたします。このサービスにはベクター構築サービスに追加して、プラスミドDNA精製(アニマルフリー)のお見積りが必要です(価格は通常のDNA精製と同じです。作業日数が異なります)。お見積りは デザインリクエストを送る からご依頼ください。 

品質保証

標準的なプラスミドDNAのQCは、DNAの定量、 A260/280 と A260/230の測定、制限酵素サイトの確認、サンガーシークエンシングです。

ユーザーお手持ちのプラスミドDNAの精製ご注文について

VectorBuilderではユーザーお手持ちのプラスミドDNAを弊社製造拠点にご送付いただき、プラスミドDNAの精製や、ベクターへの変異導入や再構築、ウイルスパッケージングなどのカスタムサービスも行っています。

ユーザー提供のプラスミドDNAは、VectorBuilderの製造拠点で受け取り後、プラスミド精製を行いQCチェックに進みます。事前にユーザーからご提供いただいたデジタルシークエンスを元に、制限酵素処理をサンガーシークエンシングを行います。そのため、ユーザーに6,500円の追加費用と約5日間の作業日数をご了承いただいています。

ユーザーご提供のマテリアルからの受託プロジェクトは、ユーザーが事前にご提供いただいたデジタルシークエンスと実際ご提供いただいたプラスミドDNAの一致が確認され、QCチェックにパスした後、ご注文の受託プロジェクトが開始します。

ユーザーご提供のプラスミドDNAの発送方法: マテリアルサブミッションガイドライン沿ってお送りください。レターパック宅配便などの追跡番号、注文番号、ユーザー名、マテリアル名称と数量など、必要な情報を漏れなくご入力いただくようお願いいたします。追跡番号と受託サービスの注文番号に記入漏れがあると、弊社内での連携したマテリアルのお受け取りができず、マテリアルが転送中にダメージをうけたり受託プロジェクトの開始が遅れることが発生します。ご不明点はサービスまでお問い合わせください。

お問い合わせ

テクニカルなお問い合わせは Vector FAQ をご覧ください。Vector FAQに回答が見つからない場合は、こちらからベクタービルダー・ジャパンのカスタマーサポートチームにお問い合わせください。