バキュロウイルスパッケージング

Baculovirus is widely used for the expression of recombinant proteins in cultured insect cells and mammalian cells. It is one of the most versatile and powerful systems for eukaryotic expression of recombinant proteins, especially those where maintenance of eukaryotic-specific post-translational modifications is critical. VectorBuilder has developed a series of proprietary technologies and reagents that greatly improved baculovirus packaging protocols in terms of titer, purity, viability and consistency. As a result, we have a growing base of highly satisfied customers who come back to us time after time for their baculovirus vector cloning and packaging needs.
バキュロウイルスシステムの紹介と詳細はここから
VectorBuilderのバキュロウイルスシステムを使ったユーザーの声
バキュロウイルスのパッケージングサービスのご注文方法 

バキュロウイルスのベクターデザイン例はここから
バキュロウイルスサービスのサービスプロポーサル例はここから
ベクターのデザイン方法は?
ベクタービルダー・ジャパンへのご注文方法はここをクリック
 バキュロウイルスの種類

バキュロウイルス株 AcMNPV (Autographa californica multicapsid nucleopolyhedrovirus).

価格と出荷までの作業日数

VectorBuilderのバキュロウイルスパッケージングサービスは、数々の自社技術改良を経て、業界でもトップ品質の製品を、競合他社に比べて早い納期とリーズナブルな価格で提供しています。

表1:カスタムウイルスの仕様

サイズ 推奨の使用系 タイター*と仕様 価格 (税抜き) 作業日数(営業日)*
中容量 培養細胞 >106 PFU/ml, 10x 100 ul, DPBS buffer お見積り お見積り
大容量 培養細胞 >107 PFU/ml, 10x 100 ul, DPBS buffer お見積り お見積り

* 出荷までの作業日数は、ご注文いただいた受託サービスが弊社で受注され、製造が完了し出荷されるまでの期間です。ユーザー提供のウイルスプラスミドDNAを使っての受託ウイルスパッケージングの場合、プラスミドDNAの受け入れやQCチェックにかかる日数は作業日数に含まれていません。

納品形態

中容量または大容量のご注文の場合:

  • カスタムバキュロウイルス (10本のマイクロチューブに分注)
  • 無料: コントロールウイルス (1-2本のマイクロチューブに分注)*
  • カルタヘナ法26条1項情報公開書類(メール添付)
  • ウイルス品質試験証明書(COA)
* コントロール用に、カスタムウイルスと同一実験系のウイルスベクターをパッケージングしたウイルスをご提供しています。トランスダクション効率を検証するためのコントロールのため、カスタムベクターデザインの実験用コントロールではないことをご了承ください。例えば、カスタムウイルスが、GOIの強制発現であれば、コントロールはEGFPを強制発現するウイルスとなっています。コントロールウイルスの詳細は表2をご確認ください。
表2:コントロールウイルス仕様
コントロールベクター名称 コントロールベクター ID カスタムウイルスのサイズ コントロールウイルスの仕様
pBV-EGFP VB170317-1029uux 中容量 >10PFU/ml, 2x 100 ul in DPBS
大容量 >10PFU/ml, 2x 100 ul in DPBS
生産とタイター

For our baculovirus packaging, the transfer plasmid which carries the gene of interest (GOI) is co-transformed with a helper plasmid expressing the Tn7 transposase into the bacterial host harboring the empty baculovirus shuttle vector (a.k.a. bacmid) to generate recombinant bacmid. The recombinant bacmid is then transfected into insect cells Sf9. After a short incubation period, viral particles are harvested from medium and further concentrated by sucrose cushion centrifugation. We use a qPCR-based approach to measure baculorivus titer.

品質

VectorBuilderで受託製造されたカスタムバキュロウイルスは、以下の品質検査を行い品質検査証明書を発行します。

タイター値、バイオバーデンテスト結果(バクテリアや菌類の滅菌性データ)マイコプラズマテスト結果。また、ベクターに蛍光タンパク質がクローニングされている場合は、適切な細胞株にウイルスを感染させ、感染細胞が蛍光を発現していることを確認します。

ユーザーご提供ベクターからウイルス粒子受託作成について

ユーザーがお持ちのバキュロウイルストランスファーベクターから、バキュロウイルス粒子の受託作製も受注しています。ウイルスベクターは  マテリアルサブミッションガイド に沿って弊社にお送りください。お受け取りしたプラスミドベクターは、QCチェックとして、マキシプレップ、プラスミドの制限酵素サイトの確認と、サンガーシークエンシングでのシークエンスの確認を行います。一律13,000円のQCチェック費用をお見積りに加算させていただいています。 QCチェックに合格後、ご注文のウイルスパッケージングサービスを行います。ウイルスパッケージングのお見積りの作業日数には QCチェックにかかる日数(通常5営業日)は含まれていません。あらかじめご了承ください。

ご質問

よくあるご質問は  Vector FAQ からご覧になれます。弊社からご提供させていただいている受託サービスについて、もっと詳細な情報が必要な場合は ベクタービルダー・ジャパンのサービスサポート.までお問合せください。

マイベクターをデザインする 

オンラインポータルを使って、自分でベクターデザインを行い、そのベクターの見積もりを依頼する場合。

デザインリクエストを送る 

ベクタービルダーにベクターデザインと見積もりの両方を依頼する場合。その他のカスタム受託サービスのお見積りもここからお問い合わせください。