ポピュラーベクター Mouse Dio2

遺伝子情報

  • 遺伝子記号 Dio2
  • 生物種 Mouse (Mus musculus)
  • 正式名称 deiodinase, iodothyronine, type II
  • 通称 5DII; AI324267; DIOII
  • 他名称 type II iodothyronine deiodinase; iodothyronine type II deiodinase; type 2 DI; type-II 5' deiodinase
  • 遺伝子の種類 protein-coding
  • 要約
    The protein encoded by this gene belongs to the iodothyronine deiodinase family. It catalyzes the conversion of prohormone thyroxine (3,5,3\',5\'-tetraiodothyronine, T4) to the bioactive thyroid hormone (3,5,3\'-triiodothyronine, T3) by outer ring 5\'-deiodination. This gene is highly expressed in brain, placenta and mammary gland. It is thought to be responsible for the \'local\' production of T3, and thus important in influencing thyroid hormone action in these tissues. Knockout studies in mice suggest that this gene may play an important role in brown adipose tissue lipogenesis, auditory function, and bone formation. This protein is a selenoprotein containing the non-standard amino acid, selenocysteine (Sec), which is encoded by the UGA codon that normally signals translation termination. The 3\' UTRs of selenoprotein mRNAs contain a conserved stem-loop structure, designated the Sec insertion sequence (SECIS) element, that is necessary for the recognition of UGA as a Sec codon, rather than as a stop signal. Unlike the other two members (DIO1 and DIO3) of this enzyme family, the mRNA for this gene contains an additional in-frame UGA codon that has been reported (in human) to function either as a Sec or a stop codon, resulting in two potential isoforms with one or two Sec residues; however, only the upstream Sec (conserved with the single Sec residue found at the active site in DIO1 and DIO3) was shown to be essential for enzyme activity (PMID:10403186). In addition, the lack of conservation of the protein extension past the second TGA codon suggests that the one-Sec containing isoform represents the canonical form. [provided by RefSeq, Oct 2018]
  • NCBI Gene ID 13371
  • RefSeq Transcript
  • RefSeq Protein
  • 外部リンク NCBI  | EnsemblUCSC Genome Browser View

遺伝子ベクターの種類 Mouse Dio2(これらのベクターはベクター構築を行う必要がありますが、比較的早く構築が可能です。)

遺伝子発現ベクター
これらのストックベクターはVectorBuilderの標準的バックボーンを使い、目的遺伝子ORFをユビキタスプロモーター下で発現させます。適切な位置にマーカー(EGFPなど)をデザインしています。
ベクター名 ベクター機能分類 マーカー 価格
Mouse Dio2 プラスミド発現ベクター Mammalian Gene Expression Vector   解説  お見積り
Mouse Dio2 レンチウイルス発現ベクター Mammalian Gene Expression Lentiviral Vector   解説  お見積り
Mouse Dio2 アデノウイルス発現ベクター Mammalian Gene Expression Adenoviral Vector   解説  お見積り
Mouse Dio2 AAV ウイルス発現ベクター Mammalian Gene Expression AAV Vector   解説  お見積り
Mouse Dio2 PiggyBac発現ベクター Mammalian Gene Expression PiggyBac Vector   解説  お見積り
哺乳類shRNAノックダウンベクター
これらのストックベクターはVectorBuilderの標準的バックボーンを使い、目的遺伝子に対するshRNAをU6プロモーター下で発現させます。適切な位置にマーカー(EGFPなど)をデザインしています。
ベクター名 ベクター機能分類 マーカー 価格
Mouse Dio2 shRNA レンチウイルスベクター Mammalian shRNA Knockdown Lentiviral Vector   解説  ¥14,500
ベクターの閲覧 
Mouse Dio2 shRNA アデノウイルスベクター Mammalian shRNA Knockdown Adenoviral Vector   解説  ¥39,500
ベクターの閲覧 
Mouse Dio2 shRNA AAV ウイルスベクター Mammalian shRNA Knockdown AAV Vector   解説  ¥14,500
ベクターの閲覧 
Mouse Dio2 shRNA PiggyBacベクター Mammalian shRNA Knockdown PiggyBac Vector   解説  ¥14,500
ベクターの閲覧 
哺乳類細胞CRISPRベクター
これらのベクターは、U6プロモーターがターゲットgRNAをドライブするようにVectorBuilderの標準的なバックボーンを使ってデザインされています。マーカー(例:EGFP)が挿入されています。
ベクター名 ベクター機能分類 マーカー 価格
Mouse Dio2 CRISPR プラスミドベクター Mammalian CRISPR Vector (Single gRNA)   解説  ¥14,500
ベクターの閲覧 
Mouse Dio2 CRISPR レンチウイルスベクター Mammalian CRISPR Lentiviral Vector (Single gRNA)   解説  ¥14,500
ベクターの閲覧 
Mouse Dio2 CRISPR アデノウイルスベクター Mammalian CRISPR Adenoviral Vector (Single gRNA)   解説  ¥39,500
ベクターの閲覧 

お探しのベクターは見つかりましたか?無い場合は下のオプションから、カスタムベクターをデザインしてベクタービルダーが受託構築します。

マイベクターをデザインする

上のボタンをクリックすると、オンラインポータルからご自分でベクターのデザインを行えます。

デザインしたベクターのカスタムクローニングや関連サービスのウイルスパッケージング、プラスミドDNA精製もも引き続きここから行えます。

デザインリクエストを送る

上のボタンをクリックすると、ベクタービルダーにベクターデザインを依頼できます。無料です。

他の受託サービスのお見積りもここから行えます。