カスタムライブラリーNGS解析キャンペーン
ユーザー特典あり

HiExpress™ ガウシア ルシフェラーゼ IVT mRNA

185アミノ酸からなる単量体のGaussiaルシフェラーゼは低い発現量でも非常に高感度に検出ができる化学発光レポーターです。他のルシフェラーゼ(fireflyルシフェラーゼなど)とは異なり、分泌型レポーターのため、細胞を溶解することなく活性の検出ができ、そのためリアルタイムの活性測定や経時測定に有効です。また細胞を溶解しないため、これらの細胞をダウンストリーム実験に使用することが可能になります。Gaussiaルシフェラーゼは複数のジスルフィド結合によって非常に安定な構造を持つため、高温条件や特定の化学物質の存在下での活性測定にも威力を発揮します。高感度で汎用性を持ち安定なGaussiaルシフェラーゼは、in vivoおよびin vitroで実施される多様なバイオロジカルプロセスのスクリーニングレポーターに適しています。VectorBuilderでは、さらにGaussiaルシフェラーゼにコドン最適化を施し、IVT mRNAの培養細胞での高い発現量を確認し、プリメイドmRNAとして皆様の研究にご提供します。

ご注文方法 プライスマッチ

HiExpressTM Gaussiaルシフェラーゼのアミノ酸配列はこちらから >>

実験による検証

HEK293T細胞におけるGaussia Luciferase IVT mRNAの発現

2.3x105細胞の293T細胞を12ウエルプレートに播き、各ウエルあたり1ug mRNAをトランスフェクションした。トランスフェクション後、6、24、48,72,96時間後に各ウエルから20uLの培養液を採取し、Gaussiaルシフェラーゼ活性を定量した。RLU(relative light unit)。コントロールには、mRNAを加えないトランスフェクション試薬のみを細胞にトランスフェクションした。

関連技術情報
化学物質等安全データシート (MSDS) 品質検査証明書 (Certificate of Analysis, COA) ユーザーインストラクション カタログとフライヤー