カスタムライブラリーNGS解析キャンペーン
ユーザー特典あり

研究室でのひらめきの瞬間

複数の遺伝子を持つベクターを最適化するには?
遺伝子導入システムは、1つの遺伝子だけでなく、多くの場合、プロモーター、オープンリーディングフレーム(ORF)、マーカーを含む複数のコンポーネントを効率的に導入することができます。 さらに読む ››
効果的な遺伝子デリバリーのために細菌の培養条件を改善する
クローニングは殆どの遺伝子デリバリー実験の基点となりますが、しばしば困難に見舞われます。 さらに読む ››
ウイルスタイターが低くなる理由
多くの遺伝子導入実験では、標的細胞への遺伝子の効率的な送達のためにウイルスベクターを利用しています。 さらに読む ››
EtBrの導入:電気泳動ゲルでサンプルの状態を正しく確認する
ゲル電気泳動法はDNAサンプルの濃度、サイズ、組成を確認するために使われてきた、クローニングと品質管理には欠かせない技術です。 さらに読む ››
実験を成功へと導くために:適切なPCRテンプレートの確認
私が大学院生だったころ、研究室のPCR機器をマジックボックスと呼んでいました。 さらに読む ››
特集として取り上げてもらいたい最新テクノロジーや発見がある場合、 フフィードバック または コンタクトする. から、ベクタービルダーにお問合せください。
マイベクターをデザインする デザインサポートを依頼する