VB超安定コンピテントセル

(VB UltraStable™ Chemically Competent Cells)

ベクタービルダーで構築したベクターの増幅に最適化されたコンピテントセル

VectorBuilder のVB UltraStableTMコンピテントセルは、リピートシークエンスなどをもつレンチウイルスベクター、レトロウイルスベクター、AAVベクターなどのプラスミドDNAを⾼い形質転換効率でホスト⼤腸菌に導⼊し、プラスミドDNAの安定な増幅に適したコンピテントセルです。さらに真核⽣物細胞ゲノムの複雑にメチル化されたDNAや、PCR由来の⾮メチル化DNA、cDNA、その他の由来 (mcrA-, Δ(mrr-hsdRMS-mcrBC)) のプラスミドDNAも効率的に増幅します。このコンピテントセルでは、Fプラスミド上の遺伝⼦型によって、Gatewayクローニングも行えます。

VB超安定コンピテントセル注文情報

コンピテントセルの特徴

  • 反復配列や不安定なインサートを持つベクター(特にレンチウイルス、レトロウイルス、AAVなどのベクター)のクローニングに最適化されている。
  • Fプラスミド上のccdABオペロンを⽋失しているため、Gatewayクローニングに使⽤可能。
  • recA遺伝⼦に変異を持ち、相同なシークエンス間の組み換えが抑制される。
  • endA遺伝⼦に変異を持つため、Stbl3と異なり、精製プラスミドにエンドヌクレエース I のコンタミネーションがない(エンドヌクレエースによるプラスミドDNAの分解がおこらない)。
  • fhuA 遺伝⼦に変異を持ち、T1ファージの感染に対して耐性がある。
  • Fプラスミドは、lacZ遺伝⼦のomega-fragmentを発現するため、ベクターがalpha-complementation能を持つ場合、コロニーのブルー/ホワイトスクリーニングが可能。
  • ライブラリー構築用のホスト大腸菌に適している:形質転換効率が高く、Ca法などの科学的またはエレクトロポレーションによる形質転換法の両方に効率的に使える。

大腸菌:E.coli K-12株由来

薬剤耐性: ストレプトマイシン、テトラサイクリン

形質転換効率: >1.0 × 108 cfu/μg

遺伝子型:F’[∆ccdAB proAB+ lacIq lacZ∆M15 zzf::Tn10 (TetR)] recA1 endA1 fhuA mcrA ∆(mrr-hsdRMS-mcrBC) Φ80dlacZ∆M15 ∆(ara, leu)7697 araD139 ∆lacX74 galK16 galE15 e14- relA1 nupG rpsL (StrR) rph spoT1

製品情報

カタログ番号:UC001-010

価格(税抜き): 24,000円

キットコンポーネント

キットコンポーネント 数量 保存温度
VB UltraStable ™ chemically competent cells 100ul x10 tubes -80°C
pUC19 plasmid DNA(50ng/uL) 20ul x1 tube -20°C
S.O.C. Medium 5.0ml x1 vial 4°C

出荷形態:ドライアイス

納品後は、各キットコンポーネントの保存温度にて保存

受注から3営業日で出荷

ユーザーインストラクション