どの薬剤耐性選択マーカーを使うべきでしょうか?

VectorBuilderベクタービルダーは、ピューロマイシン(puromycin;Puro)、ネオマイシン(neomycin;Neo)、ハイグロマイシンB(hygromycin B;Hygro)、ブラストサイジン(blasticidin;Bsd)などの様々な薬剤選択マーカーを揃え、ベクターに選択デザインできるようにしています。一般的に、ピューロマイシンは他の抗生物質よりも早く、むらなく、非耐性細胞を死滅させることがわかっています。この理由から、殆どの細胞に対して薬剤選択マーカーにピューロマイシンを選ぶよう推奨しています。しかし、いくつかの細胞タイプは、耐性遺伝子を持たなくても特定の抗生物質に対してある程度の耐性を自然に持っていたり、耐性遺伝子を持っていても特定の抗生物質に対して高感受性であったりすることがあります。このような細胞を使われる場合は、最適な薬剤耐性マーカーを見つけるために、薬剤感受性検査を行う必要があります。

一般的に使用されている薬剤の推奨濃度と選択期間

抗生物質 細胞株 推奨濃度 推奨選択培養日数
Puromycin 293T 1-2 ug/ml 3-5 日
Geneticin (G418) a HT1080 500-1000 ug/ml 7-11 日
Blasticidin b 293T 5-15 ug/ml 7-11 日
Hygromycin B 293T 100-200 ug/ml 5-7 日

注:

a. ジェネティシン(Geneticin;G418) は、ネオマイシン耐性遺伝子を発現する細胞を選択するために使用します。

b. 継代細胞ではブラストサイジンの選択培養日数が短縮されることがあります。

各薬剤耐性マーカーの詳細はこちらから